近しい方が亡くなった際に葬儀の準備を行う流れとは

ご家族をはじめとする近しい方がお亡くなりになると、遺族はじっくりと悲しむ暇もないほど迅速に葬儀の準備へと取り掛からなければなりません。

まずは亡くなられた場所が施設や病院の場合、ご家族の自動車などで搬送する必要がありますが、これに乗り切らない場合にはあらかじめ決めておいた葬儀会社に連絡することでご遺体をしかるべき場所に搬送してもらうことも可能です。

多くの場合には自宅か、あるいは葬儀の会場、もしくは一時的に預かってくれる霊安室などにお運びするケースがほとんどです。

その後、葬儀会社との綿密な打ち合わせによって日取りや段取りを決めていきますが、まず会場と火葬場の空き具合を確認した上でそれらが待ち時間などなくスムーズに執り行えるようにスケジュールを確定します。

それから参列者としてご来場いただきたい方々にお声がけして、日時と場所を知らせます。それから宗教者を必要とする場合にはそちらとの調整も必要となります。

さらに祭壇や御遺影、お花、棺桶、会葬御礼などをどのようなものにするか決めておかねばなりません。最終的な式次第の流れを確認して遺族代表の挨拶が必要な場合には事前に準備を行います。

また葬儀後のお食事を必要とする場合にはそちらもまた人数分の手配を行わねばなりません。

当日になると後はご遺族を始めとして参列者への対応に追われるので、かなりの覚悟が必要です。

後は弔意金などをしっかりと管理するためにも代表者やその関係者が受付に立つことが重要でしょう。以上のような流れによって式は完了となりますが、何か疑問てんや不安点があれば担当者に尋ねると全て解決してくれます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です