会社が故人の功労を称える葬儀

社葬とは、亡くなった方が会社の会長や、社長という重要な役職であったときや、従業員が殉職したときなどに、会社が催して行う葬儀のことを指しています。

また、団体葬は会社以外の団体が催す葬儀のことを指しています。

大きな規模になるほとんどの葬儀は社葬か、団体葬となっていて、費用については、故人が生前に所属していた会社や、団体が支払って進めていきます。

会社の功労者や、創設者などの葬儀は、会社や、団体にとって重要な試練の1つで、これからの経営方針を示すための大切な役割を負うことになります。

故人の功労を称えて葬送することによって、遺族や、遺された会社の方たちも、故人を改めて誇りに感じ、故人に遺志を受け継ぐことを決意することを誓うことが社葬の意義といえます。

社葬は会社が施主になって従業員から委員長を選出して委員会を立ち上げます。

委員長は、社葬の代表者となり社葬での責任を負うのと同時に社葬に対する決定権があります。

会社として催す行事なため、会社を代表する顔となるのが委員長になります。

会長が亡くなった社葬のときには社長が委員長を務め、社長が亡くなった社葬のときには次期社長就任候補者や、副社長が務めるのが一般的となります。

実行委員会は役割ごとに係を設けて、それぞれの係で業務を分担して運営していきます。

受付係や、案内係、来賓のお世話をする係、会計係まど、たくさんの係による手伝いが社葬を執り行う上では必要となります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です