自分の家で行うお葬式について

昔は、自宅でお葬式を行うのが普通でしたが、今では専用の式場などを借りて行うのが一般的になっています。

しかし最近は、自宅での葬儀が再び見直されており、「自宅葬」などと呼ばれる葬儀プランもあるため、
自宅で葬式を行いたいという人は、そうしたプランを選ぶことができます。

自宅葬のメリットは、何といっても「住み慣れた我が家で葬儀ができる」ということです。

式場は、設備が整っているため便利だと言えますが、慣れない場所でもあるため、そうした不安や不満がある場合に向いていると言えるでしょう。そして「時間を気にしないで、ゆっくりと故人を偲べる」ということもメリットだと言えます。

式場だと利用時間があるため、そのことを気にする必要がありますが、自宅であればその心配はありません。

さらに自宅でお葬式を行えば、「式場の利用料が必要ない」ということもメリットになると言えるでしょう。

一方で、自宅葬のデメリットとしては、「ご近所への配慮が必要になる」ということが挙げられます。

ですので、事前に隣近所の方へ挨拶や説明をしておくということが重要になるでしょう。そして「部屋の片付けなどの準備が必要になる」というデメリットもあります。

場合によっては、スペースを確保するために家具の移動が必要になることもあるため、それが可能かどうかということも考慮しておく必要があるでしょう。またスペースに関しては、6畳程度のスペースがあれば自宅葬を行うことは可能だと言われています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です