時代の流れとともに変わりつつある葬式の形

少子高齢化社会の進む日本では、高齢者の数が急増した事によって、ディケアサービスや老人ホームなどの福祉施設が増えてきました。

そんな高齢化社会を迎えている日本では葬儀の形も変化しつつあります。

特に、近年では核家族化などによって高齢者の一人暮らしが増えたことにより、家族とのつながりが薄れてきました。

また、一昔前までは近隣住民たちとの興隆も盛んに行われていましたが、今ではこうした交流も少なくなってきました。

そのため、以前であれば大人数で行われていた葬式も簡略化され、ごく親しい親族のみで行われる家族葬などが一般に浸透してきました。

家族葬の場合には、参列者の数も少ないことから葬式に掛かる費用や時間的負担も軽減できるとあって、残された親族の負担を軽くすることができるため、生前から家族葬を希望する声が高まってきています。

また、葬儀を行わない代わりに後日、お別れ会を開いて友人たちを招待し故人を偲ぶケースも多くなってきています。この場合には、あらかじめ日程が分かっているため参加者の負担も軽減することができるといったメリットがあります。

さらには、生前葬といって生前のうちから親しい友人や家族などを招いて葬式を行うケースもあります。

この場合は、自分が喪主となって葬儀を取り仕切るため、自分の希望する形で葬儀を執り行うことができ、親族たちの負担も軽減することができます。そのため、最近では思い出作りを兼ねて生前葬を行う人たちも増えてきているのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です